男性

投資用ワンルームマンションが人気|先手必勝

容易で魅力も多い資産運用

外観

マンション経営はマンション購入の際にはローンが利用でき、経営も不動産会社がサポートしてくれるという事実が知れ渡ったので、近年、人気があります。マンション経営は長期にわたって家賃収入が得られる以外にも、確定申告で還付金が得られる、生命保険の保険料支払いの負担を軽減できるといったメリットがあります。

詳しく読む

都市部の物件を入手

模型

投資マンションを買うなら都市部の物件をお勧めします。なぜならば、定期的な家賃収入という魅力以外に、資産価値の高さと流動性の高さを兼ね揃えているからです。都市部の投資用マンションはまだまだ価格が上昇する可能性があります。

詳しく読む

審査基準が変化

部屋

融資条件が変わっていく

融資先の開拓で苦戦している金融機関が不動産向け融資に力を入れ始めています。この動きは投資用ワンルームマンションを購入する際の融資にも広がってきており、最近では年収条件や勤続年数の条件が緩んできています。3年前くらいには年収600万円以上を最低条件にする金融機関が多かったですが、最近では年収500万円以上でも融資をするようになってきました。このため、20代、30代といった若い世代でも投資用ワンルームマンションを保有することができるようになり、不動産投資をする人の裾野が広がってきています。また、融資条件だけが緩くなっているだけでなく、融資金利もかなり下がってきています。これは、マイナス金利政策が大きく影響しています。

金利は低下傾向

現在のマイナス金利政策は、金融機関が中央銀行に預けているお金の一定額について、金利をマイナスにするというものであり、適用範囲が限定的ですが、10年物国債利回りはマイナス金利導入後、ズルズルと下がってきており、マイナス圏で推移しています。この状況が投資用ワンルームマンションを買う際のローン金利にも影響しており、1%前後の金利でローンを組むことができるケースも少なくありません。投資用ワンルームマンションの価格は上昇傾向にありますが、ローンを組んだ場合の金利負担も下がってきているため、ローンを組んで行う不動産投資の実質利回りは、大きく下がっていません。今後、マイナス金利が拡大されれば、不動産投資の人気がさらに高まることが期待されます。

情報を集めることが重要

セミナー

不動産投資の知識を身に付けたいと考えるのなら、不動産投資セミナーに参加するとよいでしょう。不動産セミナーには、無料と有料のものがあり、無料は初心者向けで有料は経験者向けのものが多いです。不動産投資セミナーに参加するメリットは、プロの情報の集め方や判断の仕方を知ることができる貴重な場である点です。

詳しく読む